毎月3,000円台の支払いででも新車に乗り換えられるマイカーローン

少ない金額で新車に乗り換える方法

そろそろ新車に乗り換えたいけれど、お金にも余裕がない、そのような時でも新車に乗り換える方法があります。それはマイカーローンです。マイカーローンなら毎月の分割支払いで新車への乗り換えが可能です。

 

新車に乗り換える方法として、マイカーローンというのは、あまりにありきたりです。しかもマイカーローンを組んだとしても、新車に乗ろうとすれば、毎月それなりの返済額を覚悟しなければなりません。

 

毎月の支払いの負担を抑えつつ、効率良く新車の乗り換えるには、何も考えずにマイカーローンを組むだけでは足りません。費用を抑えるには、いくつかのコツがあります。

 

 

今乗っている車の下取り額を増やす

新車の乗り換える時には、頭金が多い程ローンの負担は少なくなります。しかし、お金に余裕がない時に多額の頭金を用意するのは大変です。そこで目を付けるべきが、今乗っている車の下取り価格です。ただディーラーに下取りを依頼するのではなく、高く買い取ってくれる所を探して、少しでも頭金の足しにします。

 

ディーラーは車の下取り価格の引き上げに熱心ではありません。目的は新車を売る所にあるのがその理由の1つですが、他にもディーラー側での買取りに応じるようであれば競争相手が実質的にいないという事情もあります。

 

今乗っている車は、ある販売店では売り手がなくても、他の販売店では需要が高い場合があります。少しでも高く買い取ってくれる所を探すだけで、買取価格が数十万円上がる可能性があります。

 

今はインターネットからでも見積もりが取れる時代です。少しでも高く買い取ってくれる所を探し、ローンの借入額を抑えましょう。それだけで、毎月の支払額の負担を減らせます。

 

車の購入価格を抑える

一口に新車といっても、購入価格にはピンキリあります。オプションを好きなだけ付ければいくらでも購入価格は上がってしまいます。グレードや車種を変えて価格を抑えられるのであれば、妥協点を見つけて購入価格を下げましょう。

 

また、新車ではなく新車同然の新古車を狙う、値下げの交渉をしてみる、不人気の色を選ぶなど、購入価格を引き下げる方法はいくつかあります。希望通りにいかないというと残念な気がするかもしれませんが、譲れない部分を絞って、価格面でも希望通りになるよう調整するのは大切な考え方です。

 

残価設定型マイカーローンを活用する

新車をマイカーローンで購入する時に、最近は残価設定型マイカーローンを利用する人が増えています。数年後に車を下取り査定に出す前提で、残価分を差し引いてローン返済する方法です。

 

例えば200万円の車を残価設定型マイカーローンで購入するとします。ローンを3年で組んだ場合、3年後の買取価格が想定されます。その価格が70万円だとした場合、差額の130万円を支払えばいいのです。残価設定型のマイカーローンなら、毎月の支払額を大幅に抑えられます。

 

ただし残価設定型ローンはマイカーローン後の車の所有権が支払い終えるまでは自分自身とはならないため、何かと不便な点があることは知っておきましょう。

 

毎月3,000円台で新車に乗り換えるのも可能

これらのコツを総動員すれば、車種にもよりますが、毎月3,000円台で新車に乗り換えられる可能性もあります。これ位の価格であれば、低価格で家計の負担も少なくなるのではないでしょうか。

 

ただし、毎月の支払額を抑えているかわりに、少し注意点があります。まず、車の維持費はマイカーローンの支払額だけではない点です。ガソリン代や税金、故障やメンテナンスにもお金がかかります。車全体にかかる費用も考えながらやりくりをしなければなりません。

 

また、残価設定型のマイカーローンでは、ローン支払後もその車に乗り続ける場合には、残価分を再度ローンで返済していきます。その際には通常のマイカーローンよりもかえって支払総額が大きくなる場合があります。

 

何を重視してマイカーローンを選ぶかが重要で、例えばマイカーローンの月々の返済額を抑えたいのであれば、残価設定型も候補に挙げるだけの価値はあります。